CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 長瀞七草めぐり | main | 長瀞七草めぐり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
長瀞七草めぐり
次は、萩の寺、洞昌院を目指します。
遍照寺へは山を登ってきたため、まずは急な下りが続きます。
山を下ると民家の合間を歩きます。

切ない遊具の末路を発見・・・。
洞昌院への途中で

ほどなく、洞昌院に着きました。
洞昌院

可愛らしい葛の花です。種類は何種もあるようで、白やピンクなど、色も様々でした。
洞昌院

本堂の裏手に階段状のお墓があり、お墓を取り囲むように萩が植えられていました。見晴台までは、またまた登りです・・・。
洞昌院

丸い葉と可憐な花に癒されます。
洞昌院

続いて、桔梗の寺、多宝寺を目指します。
民家の合間の細い道をすり抜けます。
田んぼでは、まもなく収穫期を迎える稲穂が頭を垂れていました。
多宝寺への途中

ぶどう園もいくつかあるのですが、ここの「鳥避け」はかなり奇抜。
以前、ラフティングに来たときから知っていたのですが、ぶどう棚の上から、マネキンの首がいくつも突き出しています・・・。そしてよくよく見ると、カラスの死骸の模型までぶら下がっていました・・。
こちらの地主さんは、よっぽど嫌な目にあったのでしょうか・・・?
カラスと首チョンパ

多宝寺に着きました。
しかし、境内には桔梗らしきは花は見当たりません。
多宝寺
ここでおにぎりをつまみました。

寺の外へ出てみると、寺の正面に桔梗畑がありました。
多宝寺の桔梗
寺の門前に花畑のある、こういったお寺はいくつかありましたね。
境内には見ごたえを与えるほどの花は植えきれないのでしょう。

10分少々で、藤袴の寺、法善寺に着きました。
こちらは枝垂桜も有名なようです。
法善寺

藤袴の花です。
法善寺の藤袴

秋明菊も可愛らしい花を咲かせていました。
法善寺の秋明菊

その先、女郎花(おみなえし)の寺、真性寺を目指します。
大きな金石水管橋を越えます。橋の袂にはオートキャンプ場があります。
下を流れる荒川では、ラフティングやカヤックを楽しむ人たちが。
ラフティング
今年、私はまだやっていませんねぇ。

真性寺に着きました。
真性寺
小ぢんまりとした小さなお寺です。

女郎花を近くでみると、小さな花が集まっているのが良く分かります。
真性寺の女郎花

さて、いよいよラストの撫子の寺、不動寺を目指します。
七草めぐり、とは言っても、満開が重なる時期は難しいようで、撫子はまだ咲いていない、との前情報でした。しかし、せっかくなので行ってみることにします。
| オデカケ | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:38 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック