CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< イギリス土産 | main | 野火止用水を散策 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ステキな水木しげる氏
今朝、NHKの番組で水木しげる氏のインタビューを見ました。マイペースであり、独特の世界を持っていて、とってもカワイイ人なんですね♪
一度でファンになりました。本当にお茶目な人。
そしてとっても「味」のある人ですね〜。
ご夫婦もとっても仲がよくて、その掛け合いが面白くて、息もピッタンコでした。

水木さんといえば「ゲゲゲの鬼太郎」のような妖怪物が真っ先に浮かびますが、実は伝記物、風刺物などの漫画も描かれているんだそうです。
中でも「ヒットラー」「近藤勇」などが傑作だと紹介がありました。ちょっと読んで見たい。

怖いだけではなく、ユーモアとかわいらしさがあるあの漫画は、水木さんの人物像がよく出ているような気がしました。

| オキニイリ | 09:42 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:42 | - | - |
コメント
この間読んだ雑誌に水木しげるの著書推薦コラムがありました。
「相手が妖怪じゃぁしかたない。」という名文句があったそうですが、水木さんは妖怪を神の一種として考えているとか、いないとか。

京王線のつり革コラムの荒又ヒロシ版に、水木さんのことが書いてありました。
「水木先生はふとった物書が大好きなので、ぼくを見るといつもニコニコして『1日5食くらい食べるの?』と聞いてきます。」
と書いてあったよ。よく食べるふとっちょがお好みなら、わたしら夫婦もかなり気に入ってもらえると思う。
| mortimer | 2005/08/30 8:03 PM |
かつて調布の会社に勤めていたときに、通勤路の途中に「ゲゲゲの鬼太郎商店街」みたいなテーマのところがありました。

鬼太郎の話のなかで、調布に妖怪が集合するというエピソードがあったそうで、実は水木さんもそのあたりで暮らしていらっしゃるということですー。
| sato | 2005/08/30 8:39 PM |
そうそう、調布駅前の布田天神に続く道に妖怪がいるみたいね。今度自転車で行ってみようかなぁと思ってるよ。調布飛行場のカフェにもついでにね。

奥さんはね、水木氏のことを「半分妖怪だから」って言ってた。

しかし本当に無邪気でカワイイよ。今度「水木さんの幸福論」って言う本、読んでみようと思う。
| oswald | 2005/08/30 11:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック