CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
川越で陶芸教室
川越にある陶器屋の「やまわ」にて、1日陶芸教室を体験してきました。
陶芸は生まれて初めての体験です。
到着したのが早かったので、ひとまず街を散策です。

まずは「亀屋」です。和菓子屋さんですね。
亀屋
この日のお土産は、陶芸教室で知り合った方から教えてもらった、こちら亀屋の「どら焼き」です。何でも、楽天のとある項目で人気ランキング5位に入っているとか。
10種類近くあり迷いましたが、今回はこの4種を選択。どれもとっても美味しかったのですが、一番のお気に入りは「霧うめ」。甘露煮の青梅が入っていて美味でした。
亀屋のどら焼き

つづいて「くらつくり本舗」です。こちらも和菓子屋さん。後には「りそな銀行」が見えます。
くらつくり本舗

そして次は「時の鐘」です。
時の鐘

近くによって真下から見上げて見ました。
なかなか迫力があります。
時の鐘

かなり急な階段があり、昔はここを上って鐘を突いていたんですね。
残念ながら今は上ることはできません。
時の鐘 階段

さて、いよいよ本日の陶芸処、「やまわ」です。
蔵の立ち並ぶとおりのほぼ中心あたりにあります。
一番街

どっしりとした店構えで、品格があります。
やまわ

店の裏手には蔵があります。
やまわ 蔵

店内には食事を取れる「陶路子」という飲食コーナーがあります。サツマイモの懐石などを頂けるようです。
陶路子

店内から続く線路です。怪しき記憶ですが、たしか実際に利用されていた線路だったと思います。
店内へ続く線路

そして店の一番裏手には、本日の活動場所、陶芸教室の蔵があります。
陶芸の蔵
陶芸ド素人の私が、こちらでどんな作品を作るのでしょうか・・・?
生まれてはじめての陶芸、頑張ってきます♪
| オデカケ | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ご先祖様と誕生日
今月の初めに誕生日を迎えました。
本当は久々にハイキングでも、と計画していたのですが、生憎天候が悪かったので急遽都心へ向かうことにしました。
そしてパッと思いついたのが、なんと「お墓参り」・・・。誕生日にお墓参りもなんだなぁ〜、と思い直し、「じゃ〜、地図をパッと開いたところへ行こう」と開いたページのど真ん中には、我が家のご先祖様が眠るお寺が・・・。
分かった。行くよ、おじいちゃん、おばあちゃん。久しぶりだもんね。
父方だけでは何なので、母方のお寺へもお参りすることにしました。

今回、ずっと使ってみようと思っていた「都営1日券」を利用。
一枚700円の券で、都営地下鉄、都バス、都電を何度利用してもOK。ちょうど地理的にもこの券が活用できる場所にあるので購入してみました。

まずは父方のお寺のある稲荷町へ。
我が家のお墓の隣が、元彼の苗字であることを今回新たに発見・・・。
これもなにかのご縁か・・・?!
稲荷町交差点

続いて母方のお寺へ。
同姓のお墓がいくつかあり迷ってしまいました。止むなく、健在の祖母に電話をしてお墓の場所を確認です。他所様のお墓をお参りしても何ですし。
「おばあちゃんをまだ連れて行かないでください」と一言添えて、お寺を後にしました。

本当は両国の江戸東京博物館へ行きたかったのですが時間が無く断念。
次回は是非ね。
今回はお散歩がてら歩いて浅草橋へ向かい、ビーズを購入することにしました。

お相撲さんサイズの洋服を扱っている「ライオン堂」です。
両国界隈ならではの店ですね。
ライオン堂

「両国二丁目」の交差点です。ここを右折で国技館です。
しかし今回は直進して浅草橋へ。
両国2丁目

両国橋です。
両国橋

両国橋からの眺めです。
両国橋から
生憎の雨のため、ドンヨリとした景色ですね・・・。
平たくて大きな船が行き来していました。

隅田川の支流が神田川です。
ここにはたくさんの屋形船屋さんがあるんですね。
神田川

小松屋
都市化されたビルの合間の異空間ですね。

この神田川沿いに「梅花亭」という和菓子屋さんがあるんです。浅草橋・両国の雑誌には大抵載っていますね。
今回は「子福餅」と「三笠山」を購入。小ぶりの割りにちょっとお高めですが、どちらも薄皮で餡がギッシリ♪と〜ってもおいしいですよ♪
上菓子もとってもキレイで、ブルーの菊の練り菓子がとっても繊細で可愛らしかったです。
近辺へお越しの際は是非お立ち寄りください。
梅花亭のお菓子

浅草橋に着きました。
浅草橋
今回雨が降っていたので、ガード下の店だけに立ち寄りました。ちょっぴりビーズを購入して、都営地下鉄を乗り継ぎ、アメ横、新宿、都庁前を散策して帰路に着きました。

出発が遅かったので1日券の満喫度は今ひとつでしたが、「これは使える」ということが発見できたので収穫あり、です。次回は朝早くから出発し、もっと満喫したいと思います♪
肝心のお誕生日プレゼントですが、後日ラベンハムのジャケットをゲットしました♪わーい♪♪
盛り上がりに欠けたお誕生日ではありましたが、お墓参りもしたし、心が充実したお誕生日となりました。
| オデカケ | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
8月の海
小さい頃から我が家では、海といえば千葉県の「大原海水浴場」でした。
祖父の実家がこの地にあったため、小学生の頃は夏休みになると、毎年、大原に泊まりで出かけたものでした。
今年、久々に妹夫婦と海水浴へ。
大原の海

海水浴のできる砂浜がかなり縮小されていたり、防波堤が拡張されていたり、サーファーが増えていたりと、色々様変わりしていたものの、いくつになっても私の中では「海=大原」であることを再確認。
天候もよく、海を存分楽しんできました♪

海水浴に合わせて、ツバの広い帽子を作りました。
これは「おしゃれ工房」のテキストに掲載されていたもの。本来はガーデニング用だったのですが、日焼け防止にはもってこい、ということで妹用のブルーと、私用のグリーンを作成。
とても可愛らしく仕上がりました♪
帽子・ブルー

帽子・グリーン

久々の海水浴はとっても楽しかったですね♪
さすが、海の日差しはとっても強く、テニスで日焼けした部分との境が少し無くなった感じです。反面、黒さに一層磨きが掛かりましたが・・・・失笑。
来年も、今年のようないい条件の日に、また大原に行きたいものです。


| オデカケ | 12:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
「間宮兄弟」を観た
先週に引き続き、今回は「間宮兄弟」を観に行きました。
最近の芸人さんの中では、断トツ!ドランクドラゴンの塚地くんがお気に入りです。あの笑いのセンスと存在感が心を揺さぶります。
佐々木氏との兄弟っぷりも楽しみに、いそいそと映画館へ向かいました♪

映画は期待を裏切らず、むしろ予想以上にほのぼのと心温まる内容でした。あの兄弟愛に憧れました〜♪
一歩間違えると「危ない兄弟」に向かってしまいそうですが、兄弟のデコボコぶりと純粋な性格が、彼らの可愛らしさを生み出している感じです。
中でも、鉄信のうなぎパイの開け方・食べ方、ぼったくられた後のすねっぷりはたまりませんでした。
とっても幸せな気分になりました♪
もう一度観たいし、DVDも欲しい。

来週は「トリック2」でも観にいこうかな。
3週連続、邦画三昧になりそうです。
| オデカケ | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
「嫌われ松子」を観た
映画はほとんど観ない私ですが、珍しく、「嫌われ松子の一生」を観てきました。
原作を1年ほど前に読んでいたので、これだけは前々から観たかったのです。中谷美紀の「松子」にも興味があったし、私の好きなボニーピンクが演者として出ていたし。
本日、「水曜レディースデイ」で1000円で観られるので、自転車漕いで近くの映画館まで向かいました。
内容が濃厚な話なので、あのポップな感じにちょっと違和感がありましたが、中盤からの映像や、配役などのイメージがかなりピッタリ来るところもあり、なかなか楽しめました。
そして「水曜レディースデイ」の味を占めました。
駅からも遠いちょっと穴場の映画館のため、レディースデイでありながら結構空いていたのです。次週も行こうと思っています。
次回は「ポセイドン」か「明日の記憶」を予定。その次は「トリック」でも観に行こうかな。
| オデカケ | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW1 秩父芝桜
今年のGWは基本的にテニス三昧でしたが、唯一ハイキングに出かけたのが、恒例の秩父の芝桜観賞。
天候に振り回されながらも、なんとか向かうことができました♪
今回は琴平丘陵ハイキングコースを散策するコースを取りました。羊山公園から歩くのは初めてだったので、こちらも楽しみにしていました♪

今回、横瀬駅から山里を歩くコースにて羊山公園へ。
のどかな風景の背景には、凛々しい武甲山が聳えます。
山里と武甲山

この日の羊山公園の芝桜は「満開」。
色とりどりの芝桜がギッシリ咲き誇っていました。
芝桜

色の違う花の境がクッキリと。
芝桜

ブルーの芝桜は、今回初めて見ました!
芝桜

武甲山の厳しい表情を和らげる、芝桜の絨毯です。
芝桜

ピンクといえども、色が様々!
十数種類の花が敷き詰められています。
芝桜

側で見ると可憐な芝桜ですが、遠くから眺めると迫力ある躍動感あふれるデザインが浮き上がります。
秩父夜祭で有名な笠鉾からもデザインを取り入れているとのこと。
地道な手入れのご苦労を伺わせる、見事な造形美です。
芝桜

羊山公園にはやはり羊がいます。
羊大好き♪
特に、いつも笑っているような口元に癒されますね。フワフワだし、細い足と二つに割れたちっちゃな蹄がカワイイ♪
羊

広場にはたくさんの店が出店しています。
今日のお昼は「八間だんご」。ごまだれ、チーズ、かつおを購入。チーズ餡は餡子とチーズがミックスされた不思議な味。しかしなんだかクセになるんです。リュックに平らに詰めて、眺めのいいスポットで頂きます♪
八間だんご

いよいよ、琴平丘陵ハイキングコースへ。
柔らかそうな新緑があちこちで育っていました。
新緑

山道はアップダウンのある細い道の多いコース。岩もゴロゴロしています。とにかく最初は登り一方!
林道

ひと山登って散策したその先には「岩井堂」があります。
岩と岩の合間に建てられたこの社は、とっても赴きがありますね。
岩井堂

後半には「護国観音」があります。
ここからの眺望はとってもステキ♪
秩父市街を一望できます。ミューズパークや巴橋、直下にはこれから向かう大渕寺も見えます。
15分も下れば寺に到着できるので、先に通過した人が、私が休憩している間に寺の脇を通過していくのが見えました。
なんだか面白い光景でした。
護国観音からの眺望

直下に大渕寺。
護国観音からの眺望

こちらが上から眺めていた「大渕寺」です。秩父札所27番です。
大渕寺

住宅街では、八重桜が満開でしたね。
山里

この後、国道をタラタラ歩いて西武秩父へ向かいました。
駅前を散策して、本日のハイキングは終了!
来年もこのコースで行こうと思います♪

| オデカケ | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカイバス東京 その
さて、バスは銀座の中心部に向かいます。
不二家が見えてきました。この辺りから、非常に混雑してきました。
銀座へ

銀座4丁目です。信号が目の前にありました。
いままではあまりバスを見上げる人がいなかったのですが、さすがにここでは注目の的。歩行者から手を振られ、なんとなく振りかえしたりして、ちょっと照れました。
銀座4丁目

アップルコンピューターの路面店です。
リンゴちゃんがとっても可愛いですよね♪
アップルのショップ

八重洲方面に向かうと、アサヒペンの看板が。
こちらもとっても可愛いです♪
アサヒペン

出発点の丸の内側へ向かうため、JRのガード下を潜ります。
バスの車高とさして変わらないため、立ち上がらないようにとのアナウンスがありました。
迫力があります!
ガード下


二重橋前です。
とっても広くとてもきれいで、のんびりお弁当を食べている会社員もいましたね。羨ましいです。
二重橋

皇居前広場の通りです。
まっすぐに大手門方面に伸びています。
皇居前広場

いよいよスタート地点の三菱ビルに向かいます。
正面には東京駅。やはりステキな駅ですよね。
のちのち、建てた当初の姿に復原されるそうです。
東京駅

その後、ランチのためにヨーグルトしか食べてこなかった私達は、丸ビルのクア・アイナでモリモリとハンバーガーに食らい付きました。
買い物も楽しみ、偶然丸ビル内に設置されていた無料のプラネタリウムも楽しむことができ、丸ビルを満喫しました。

東京を再発見できた楽しい1日となりました♪
また紅葉や桜の季節にスカイバスに乗ってみたいと思います。

| オデカケ | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカイバス東京 その
平日休みの友達と久々に会い、丸の内から出発している「スカイバス」に乗ってみることにしました。以前から一度乗ってみたいと思っていたのです。
コースは皇居の周りを回りながら、日本の中枢を巡ります。
料金は1200円で、乗車時間は約45分です。

スタートは丸の内前の三菱ビル前。
バスはロンドンの2階建バスのようになっていて、上部が開放されています。
スカイバス

ちょっと小雨が降っていたので、先頭の屋根のある席に座りました。
前日予約をしていたので、一番に乗車することができたのです。
車高が高いので視野が広がり、眺めも上々です♪
車内からの景色

ますは東京駅に背を向けて、皇居に向かって出発。
皇居に突き当たると右折し、平川門前を通過します。
だんだん天候が良くなってきました。
信号機がとっても近い!
平川門

大手門、気象庁前、竹橋と通過します。
国立近代美術館では藤田嗣治展が行われており、長蛇の列でした!
観に行きたいと思っていたんですよね。
工芸館前を通過した辺りから「代官町通り」になります。
緑が多くて、とってもステキな通りですよね〜♪
代官町通り

内堀通りにぶつかり左折します。
イギリス大使館を過ぎると半蔵門が左手に現れます。
大学がこの近くだったので、とっても懐かしいですね。

最高裁判所が見えてきました。
建物はみかげ石で組まれており、プライバシー保護のため窓の少ない構造になっているそうです。
なんだか近寄りがたい雰囲気をかもし出していますよね。
お世話にもなりたくないですしね・・。
最高裁判所

国会議事堂に立ち寄りました。
議事堂前の道路は結構広いんですね。警備も厳重です。
国会議事堂

堂々たる建物です。
国会議事堂
政治家の方々には、この建物に負けないくらい立派な政治を行って欲しいですね。

日比谷を通過すると、まもなく銀座の中心部に向かいます。
日比谷

その△紡海ます。
| オデカケ | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
日和田山・ユガテを岩崎さんと歩く
昨日の「春分の日」はとてもいい天気でしたね♪
なので、前から予定していた鉄道会社のイベントに参加し、春の山を楽しんできました。

場所は高麗駅から東吾野駅までの、日和田山・ユガテを散策するコース。
今回は特別なイベントとあって、「登山家の岩崎元郎さんと歩く」というものでした。

岩崎さんといえば、中高年ハイカーの憧れ的存在。
山歩きの途中でトークショーがあり、実際にお会いした岩崎さんは、と〜っても小柄な方でビックリ!「本当にこの方がいくつもの厳しい山々を踏破したのか?」と驚かずにはいられませんでした。
しかも失礼ながら、とってもカワイイ。
人間的にも温かくとっても魅力のある方で、多くの人から支持される所以はこんなチャーミングな性格にもあるんだなぁ、と思いました。

さて、ハイキングのコースですが、まずは日和田山を目指します。
高麗駅から40分程で山頂まで行けます。
これは、途中の金毘羅神社からの巾着田の眺めです。
巾着田

天気も良くて、快適な散策です。
山道

梅もそこ、ここで咲き、青空に良く映えていました。
山道

途中の駒高で岩崎さんのトークショーです。
岩崎さん
とってもキュートな方でした。疲れない正しい歩き方などを説明していただきました。日和田山はとても好きな山の一つだそうです。

アップダウンの少ない整備された山道を快適に歩き、満喫したころで「ユガテ」に付きました。
ユガテは、こぢんまりとした集落です。
ユガテ

漢字ではこのように書くようです。面白い。
ユガテの文字

梅の花が満開でした。
梅梅

今年はまだ青梅の梅見に行っていません。
開花が随分と遅れていたようで、早まった桜の季節と重なってしまいました。
週末は天気がよければ、青梅の梅見か、秩父のしだれ桜でも見に行きたいなぁと思っています。

いよいよ今シーズンのハイキングも解禁です♪
うれしいなぁ♪♪

| オデカケ | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
カゼにやられる
週末はテニススクールのレッスンがありました。
しかしものすご〜い風!!
荒れ狂う黄色い風の中、ボールを追うのも打つのも難しく・・・。
大して動いていないのに、ドッと疲れてしまいました・・。はへ〜。

よりによって、前日駐輪場に置いて帰ってしまった自転車を取りに行かねばならず、その後、吉祥寺に向かいました。

買い物などしながら、風が止むのをしばし待っていたのですが一向にその気配なし・・。
店内でTシャツを広げていると、突如「ゴゴ〜ッ」という音とともに突風が吹き、ガラス越しに外を見ると、カランコン、ココンコンという音とともにゴミ箱がすっ飛び、ガササササーッと三越の買い物袋が道を滑り、買い主がよろめきながらそれを追い、おばさん達が悲鳴をあげ身を寄せ合って路上で固まっていました。

帰れるのか・・・不安。

その後も中々風が止まないので、意を決して駐輪場に向かいました。しかしモーレツに寒く、オッシュマンズで急遽トレーナーを購入・・。着られるもの全て計5枚を着込み、つい買ってしまったテニスボール入れ用のバスケットを自転車にくくりつけ、モコモコ・ヨロヨロで出発。
バスケット

しかしものの5分でギブ。今度はコンタクトにゴミが入って我慢ならず、涙ダラダラでマックに駆け込みました。そしてコンタクトを外して、再出発。
もう視界はぼんやりだし、どんどん暗くなって益々見えなくなっていくし、気は急ぐばかり・・・。
早くお家に帰りたい・・・。

やっとの思いで家に着き、なだれ込むように家へ上がり、埃と砂でドロドロの一切合切を脱ぎ捨て、お風呂に入ってそのままベッドへ倒れ込みました。

翌朝、花粉ではないダルイ症状が・・・。どうやら風邪を引いたようです・・。

風がこんなに疲れるとは・・・。思い知らされた週末でした・・・。

| オデカケ | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/6PAGES | >>